メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、独自制裁科すとけん制 対イラン、武器禁輸維持

ポンペオ米国務長官=藤井太郎撮影

 ポンペオ米国務長官は18日、声明を発表し、イランとの武器売買を禁じる国連安全保障理事会の制裁措置が同日期限を迎えたのを念頭に、イランとの武器売買に関与した者には米独自に制裁を科す用意があるとけん制した。米国が一方的に発動を宣言した措置により、対イラン国連制裁は9月中旬に全面復活していると改めて主張した。

 ポンペオ氏は「イランに武器を提供すれば、中東地域の緊張をさらに高め、より危険な武器がテロ組織の手に渡ることになる」と指摘。イランへの通常兵器の提供や販売のほか、技術面や資金面での支援に携わった者に対し、米国は制裁を科す準備ができているとくぎを刺した。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです