特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

長引く裁判、進む高齢化…福島原発事故・津島集団訴訟 原告団「早い判決を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
古里・津島地区の写真を説明する原告団長の今野秀則さん=福島県大玉村で2020年8月3日、寺町六花撮影
古里・津島地区の写真を説明する原告団長の今野秀則さん=福島県大玉村で2020年8月3日、寺町六花撮影

コロナ禍も影響

 東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になった福島県浪江町津島地区の住民が、国と東電に原状回復などを求めて福島地裁郡山支部で係争中の集団訴訟は9月25日に原告本人尋問を終えた。1次提訴から5年余り。裁判は2021年1月に結審する見通しだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定は大幅にずれ込んでおり、高齢化が進む原告団は「少しでも早い判決を」と求めている。【笹子靖】

 「原発事故前の津島を返してほしいだけ。国や東電は私たちの時間を奪っている」。同支部で9月25日に行われた本人尋問の最後に、原告男性は声を詰まらせながら、そう述べた。口頭弁論は31回目。これまでに30人以上の原告が、法廷で古里への思いや避難生活によるつらい心情を語った。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1259文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集