メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モンゴル初の知能検査 名大研究チームが共同開発 発達障害支援を後押し

モンゴル版知能検査のセット=名古屋大心の発達支援研究実践センター提供

 モンゴルの子どもを対象とした初めての知能検査を、名古屋大の研究チームとモンゴル国立教育大が共同で開発した。約3年半かけてモンゴルの子ども約1200人に調査を実施。日本の検査で使われる内容をその国の文化や生活習慣に合わせて変更した。近年、モンゴルで認識が広がっている発達障害の支援を後押しするものとして注目されている。

 開発したのは、名古屋大心の発達支援研究実践センターの研究チーム。同チームは2013年からモンゴル教育大と協力し、モンゴルの子どもの心や発達の問題について支援・研究を行ってきた。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  2. 大阪で新たに383人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  3. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  4. 政治資金、自民収入244億円で首位 企業献金は微減 政治団体支出22%増

  5. コロナで変わる世界 <仕事編 インタビュー>藤田孝典さん 生活保護は受けていいとの認識浸透させられるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです