メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「イケメン飼育員×動物」 高知・桂浜水族館が異例の写真集、ターゲットは…

桂浜水族館の写真集には飼育員と動物が自然にふれあう姿が載っている(c)Katsurahama Aquarium、ジーオーティー

 “イケメン飼育員と動物”の日常をお届け――。桂浜水族館(高知市浦戸)の飼育員に焦点を当てた写真集「桂浜水族館へようこそ!」が9月、出版された。ページをめくると、カピバラやアシカと向き合う飼育員の姿が生き生きと浮かび上がってくる。なぜあえて飼育員の写真集を出したのだろうか。秋澤志名館長(48)に話を聞いた。

 桂浜水族館はこれまでもSNSで積極的に飼育員ら同館スタッフの様子を発信してきた。ユニークな言動が話題を呼び、ツイッターのフォロワー数は19万以上を誇る。その様子に注目した出版社から声がかかり、ツイッター上でも写真集を期待する声があったことから、出版が実現した。写真はいずれも同館スタッフが撮影したもので、自然な表情が特徴的だ。生き物と向き合う温かな視線が切り取られている。

 飼育員の多くは20代。客一人一人への対応が好感を呼び、中にはファンクラブがある人も。秋澤館長は「仕事に対する姿勢や働く姿がイケメン。そういった姿が撮れているのがこの写真集」と太鼓判を押す。

 89年の歴史がある同館が飼育員メインの写真集を出すのは初めて。だが、秋澤館長はあくま…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  5. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです