上皇后美智子さま、86歳に コロナで外出控え「泰然自若と」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 上皇后美智子さまは20日、86歳の誕生日を迎えられた。3月末から上皇さまと暮らす仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区、旧高輪皇族邸)で、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して外出を極力控える生活を続けている。

 宮内庁によると、美智子さまには皇居から転居するまでの準備作業の疲れが今も残っている様子だという。今秋の健康診断で大きな問題は見つからなかったが、ほぼ毎日午後に熱が37度を超しては翌朝に下がる原因不明の症状が続き、心不全の診断指標となる数値も高いままだ。

 左手指にはこわばりがあり、2019年に受けた乳がん手術後のホルモン療法の影響とみられる。趣味のピアノの練習もできない。側近は「寂しいところもあると思うが、泰然自若としておられる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文699文字)

あわせて読みたい

注目の特集