「絶対漏らすな」町長は言った 核のごみ処分場 応募し撤回、東洋町の教訓

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
過去に核のごみの最終処分場について検討した高知県東洋町=2016年1月22日、本社ヘリから大西岳彦撮影
過去に核のごみの最終処分場について検討した高知県東洋町=2016年1月22日、本社ヘリから大西岳彦撮影

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の選定を巡り、北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村が今月、手続きの第1段階となる文献調査の受け入れを決めた。この調査はかつて高知県東洋町が応募、撤回した例がある。当時を知る人たちは今回の動きをどう見ているのか。

国から2.1億円、魅力的な額

 県の東端、太平洋に面する東洋町は、面積の8割以上を森林が占める。海と山に囲まれ、ポンカンなどの栽培が盛んな風光明媚(めいび)な町だ。この町で2006~07年、地域を二分する出来事が起こった。

 06年4月のある日の夕方…

この記事は有料記事です。

残り2036文字(全文2292文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集