特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

特権を問う

米軍4基地、深夜早朝の騒音1152回 19年度、防止協定が形骸化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍嘉手納基地=沖縄県嘉手納町で2018年、本社ヘリから森園道子撮影
米軍嘉手納基地=沖縄県嘉手納町で2018年、本社ヘリから森園道子撮影

 日米両政府が航空機騒音規制措置(騒音防止協定)で合意した全国4カ所の米軍基地周辺で2019年度、米軍の活動が原則として制限される午後10時~午前6時の深夜早朝に計1152回の騒音発生が確認されていたことが判明した。毎日新聞が周辺自治体に取材してまとめた。騒音防止協定には、米軍の運用上、必要と考えられる活動は認めるという内容が含まれており、規制が形骸化している実態が明らかになった。

 4基地は、嘉手納(沖縄県嘉手納町など)▽普天間(同県宜野湾市)▽横田(東京都瑞穂町など)▽厚木(神奈川県大和市など、海上自衛隊の航空部隊と共同使用)。

 沖縄、神奈川両県と瑞穂町によると、19年度、深夜早朝に発生した航空機の騒音はそれぞれ最も多く確認された地点で、嘉手納765回▽普天間288回▽横田64回▽厚木35回に上った。日中を含む終日では最多の地点で、嘉手納2万670回▽普天間1万1871回▽横田1万6941回▽厚木1万3099回となり、6万2000回を超える。

 瑞穂町は暗騒音(航空機以外の騒音)より10デ…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1445文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集