メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代のわらしべ長者? 100円ショップの「赤い糸」、物々交換で「一軒家」に

交換を待つ一軒家の前で「赤い糸」を手にする吉村大作さん=大阪市鶴見区で(本人提供)

 新型コロナウイルスの影響で困っている人を支援しようと、大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」(吉村大作理事長)が、物々交換で手に入った品を最終的に換金して寄付する「赤い糸プロジェクト」を展開している。9月、100円ショップで購入した「赤い糸」からスタートした物々交換は交換者の善意に支えられ、「一軒家を最大10年間無償で借りられる権利」にまで発展してきた。

 1本のわらを元手に物々交換を繰り返して長者になる昔話「わらしべ長者」にヒントを得た吉村さんが、「寄付の裾野を広げ、楽しみながら社会貢献に参加してもらえれば」と考案。「赤い糸で人と人を結びつけたい」との思いを込めた。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです