メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ潜伏「10日以上」症例 名古屋市発表 「まれなケース」観察期間維持

名古屋市役所=名古屋市で、鮫島弘樹撮影

 名古屋市は19日、新型コロナウイルスの感染源に接触してから10日以上たって発症したケースが8月から出現していると発表した。潜伏期間は平均5、6日程度とされているが、8、9月で計19人が「10日以上」だった。現在は14日間としている健康観察期間の見直しにつながる可能性があり、市は国立感染症研究所などと分析や研究を進める方針。

 同市では、7月まではゼロだった潜伏期間10日以上の陽性者が、8月に初めて8人確認され、9月には11人に増えた。陽性者全体に占める割合は8月(陽性者1435人)が0・6%、9月(439人)が2・5%。14日を超えたケースが両月で計5人含まれている。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです