特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ潜伏「10日以上」症例 名古屋市発表 「まれなケース」観察期間維持

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
名古屋市役所=名古屋市で、鮫島弘樹撮影
名古屋市役所=名古屋市で、鮫島弘樹撮影

 名古屋市は19日、新型コロナウイルスの感染源に接触してから10日以上たって発症したケースが8月から出現していると発表した。潜伏期間は平均5、6日程度とされているが、8、9月で計19人が「10日以上」だった。現在は14日間としている健康観察期間の見直しにつながる可能性があり、市は国立感染症研究所などと分析や研究を進める方針。

 同市では、7月まではゼロだった潜伏期間10日以上の陽性者が、8月に初めて8人確認され、9月には11人に増えた。陽性者全体に占める割合は8月(陽性者1435人)が0・6%、9月(439人)が2・5%。14日を超えたケースが両月で計5人含まれている。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文674文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集