ドジャースが4勝3敗で2年ぶりのワールドシリーズへ 筒香のレイズと対戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 ブレーブス戦の7回、勝ち越し本塁打を放ちポラック(左)とタッチして喜ぶドジャースのベリンジャー=アーリントン(ゲッティ=共同)
 ブレーブス戦の7回、勝ち越し本塁打を放ちポラック(左)とタッチして喜ぶドジャースのベリンジャー=アーリントン(ゲッティ=共同)

 米大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第7戦が18日、アーリントンで行われ、ドジャース(西地区1位)がブレーブス(東地区1位)を4―3で破り、4勝3敗で2年ぶりのワールドシリーズ(WS=7回戦制)進出を決めた。

 WSは20日(日本時間21日)に開幕。筒香が所属するア・リーグ覇者のレイズ…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

あわせて読みたい

注目の特集