投手が初打席満塁弾 東京六大学初 慶大・長谷川、本人ビックリ足もつれ転倒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホームランボールを手にする長谷川(右)と堀井監督=神宮球場で2020年10月19日午後2時15分、岸本悠撮影
ホームランボールを手にする長谷川(右)と堀井監督=神宮球場で2020年10月19日午後2時15分、岸本悠撮影

 東京六大学野球秋季リーグは19日、神宮球場で2回戦が行われ、慶大は、長谷川聡太投手(3年・慶応)が放ったリーグ史上初となる初打席満塁本塁打が決勝打となり、7―2で明大を破った。

 慶大の長谷川が鮮烈なデビューを果たした。3番手として向かったマウンドでも好投したが、何よりバットで驚かせた。同点の五回2死満塁から本塁打。初打席のグランドスラムはリーグ史上初なだけに「自分でもびっくりした」。

 その打席、低めの140キロをすくい上げると、打球は左翼ポール際の外野席に飛び込んだ。信じられないという表情でダイヤモンドを一周すると、驚きからか、ダッグアウトに戻る際、足がもつれて転倒してしまった。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文574文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集