メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

遠藤渓太が途中出場のウニオン、先制するも開幕3連敗のシャルケとドロー

情報提供:サッカーキング

ウニオン・ベルリンはシャルケと引き分けた [写真]=Getty Images
 ブンデスリーガ第4節が18日に行われ、遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンとシャルケが対戦した。遠藤は2試合連続のベンチ入りし、後半アディショナルタイム2分に途中出場を果たした。

 シャルケが開幕3連敗で低迷を極める一方、ウニオン・ベルリンは12位に位置しており、まずまずの出だしを切っている。巻き返しを図りたいシャルケが、前節のマインツ戦に4得点で快勝したウニオン・ベルリンをホームに迎えた。

 立ち上がりはシャルケが主導権を握る展開となるが、なかなかシュートまで持ち込むことはできない。徐々にリズムをつかむウニオン・ベルリンは17分、マックス・クルーゼのスルーパスからロベルト・アンドリッヒがシュートに持ち込むが、相手ディフェンダーにブロックされた。さらにウニオン・ベルリンは21分、右サイドからのクロスにアンドリッヒがヘディングで合わせるが、相手ディフェンダーに阻まれた。

 シャルケは31分、ベニト・ラマンが右サイドへのカットインからシュートを放つが、これはディフェンダーに当たり、枠を越えた。無得点で後半へ折り返したウニオン・ベルリンは55分、右サイドのクロスにマーヴィン・フリードリヒが合わせ、先制する。シャルケは69分、左サイドのCKにゴンサロ・パシエンシアが合わせ、試合を振り出しに戻した。

 アウェーのウニオン・ベルリンが試合を優位に運んだが、勝ち越すことはできず、試合はこのまま終了。シャルケは昨季から、ブンデスリーガ20試合未勝利となっている。ウニオン・ベルリンは3試合無敗を維持している。

 次節、シャルケは24日にアウェーでドルトムントとのルール・ダービーを控えており、ウニオン・ベルリンは同日にホームでフライブルクと対戦する。

【スコア】
シャルケ 1-1 ウニオン・ベルリン

【得点者】
0-1 55分 マーヴィン・フリードリヒ(ウニオン・ベルリン)
1-1 69分 ゴンサロ・パシエンシア(シャルケ)

【関連記事】
悪質タックルで一発退場のリチャーリソン、チアゴとチームメイトへ謝罪
ユーヴェ、エンバペ獲得を画策か…C・ロナウド+金銭約490億円の用意へ
クロップ監督、終盤のオフサイドに「正当なゴールが…」 チアゴ、V・ダイクのケガにも言及
堂安律、バイエルン戦で移籍後初ゴール! ビーレフェルトの攻撃を牽引
ジダン監督、ベンゼマの後継者候補ハーランドに興味「良い選手だ」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです