メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手塚塾

案内人・二階堂黎人さん/14 バンパイヤ 恐怖感高まる変身もの

二階堂黎人さん

 <TEZUKA-JUKU>

 手塚治虫先生の変身ものの代表作と言えば、「バンパイヤ」でしょう。バンパイヤとは、動物に変身できる特別な人間のことです。主人公のトッペイは、月を見るとオオカミに変身してしまうオオカミ男で、バンパイヤ一族が住む山奥の村に住んでいましたが、行方不明の父親を捜すためと、マンガ映画をつくりたくて、「手塚治虫」のところへ家出してきます。

 もう一人の主人公ロックは、金持ちの大西家で働いていますが、実は大変な悪人でした。ひょんなことからトッペイの秘密を知ったロックは、オオカミになったトッペイを使って、大西家の一人娘ミカを誘拐すると身代金をうばうのでした。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです