メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「政治家の覚悟」 首相新書「記録残すの当然」削除 森友や桜公文書改ざん、廃棄で?

菅義偉首相の著書「政治家の覚悟」

 菅義偉首相が野党時代の2012年3月に刊行した単行本「政治家の覚悟」(文芸春秋)を改訂した新書が、20日に発売される。「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然」と公文書管理の重要性を訴える記述があった章などを削除。官房長官時代のインタビューを追加している。新書は全244ページ。

 菅氏は12年の単行本で、旧民主党政権が東日本大震災時、会議で十分に議事録を残していなかったことを…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. プロ野球 ホークス 小久保氏「厳しさと愛と」 ヘッドコーチ就任会見

  3. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  4. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

  5. エチオピア紛争泥沼 地方政府勢力、抵抗 難民多数

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです