「政治家の覚悟」 首相新書「記録残すの当然」削除 森友や桜公文書改ざん、廃棄で?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相の著書「政治家の覚悟」
菅義偉首相の著書「政治家の覚悟」

 菅義偉首相が野党時代の2012年3月に刊行した単行本「政治家の覚悟」(文芸春秋)を改訂した新書が、20日に発売される。「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然」と公文書管理の重要性を訴える記述があった章などを削除。官房長官時代のインタビューを追加している。新書は全244ページ。

 菅氏は12年の単行本で、旧民主党政権が東日本大震災時、会議で十分に議事録を残していなかったことを…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

あわせて読みたい

ニュース特集