メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小笠原周辺、海洋保護区に指定へ 環境省

 

 環境省は19日、海の生物や生態系の保全を強化するため、小笠原諸島(東京都)周辺の海底域を海洋保護区に指定する案を省内の審議会に諮問し、了承された。年内に正式決定する見込み。日本の海洋保護区は管轄海域の13・3%となり、「各国が2020年までに海域の10%を保護区にする」との国際目標を達成することになる。

 指定されたのは、茨城県沖の日本海溝南部から小笠原諸島母島の東側の伊豆・小笠原海溝に及ぶ海域や、南硫黄島の南側の海域など計約22万6800平方キロ。保護区に当たる「沖合海底自然環境保全地域」となる。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです