メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

映画監督の支援

 3度の死刑判決の末に無罪を勝ち取った阿藤周平さんに会ったのは大阪市内の公園だった。「(看守の)靴音が自分の(独房の)前で止まったらしまいですわ」。拘置所で7人の死刑囚を見送ったと言ったが、表情は柔和だった。穏やかな日差しのせいかもしれない。2年後、阿藤さんは84歳で他界した。もう10年になる。

 1951年に山口県の夫婦が殺害された八海(やかい)事件で逮捕された。高裁死…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです