メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二人六脚

保護犬イブと暮らして/7 恋心 見つめ合う姿に確信 散歩道の淡い思い /栃木

お目当ての雌犬と会った場所をずっと見つめるイブ。再会を待ち望む恋人のようだった=福島県会津若松市で2019年10月5日、湯浅聖一撮影

 イブは毎日朝夕のご飯が何よりの楽しみだ。しかし、まだ残暑が厳しい2019年9月、気がかりな異変が見え始めた。いつもドッグフードをきれいに平らげるほど旺盛だった食欲が落ちてきたのだ。最初は少量だけ残していたのが次第に半分くらいになり、数日後には少し口をつけただけで横になってしまった。

 この年の夏は、猛暑による熱中症に悩まされた前年とは打って変わり、7月まで涼しかった。そのため大過なく乗り越えられた。それでも私は夏バテしたのかと思い、食べやすいように鶏肉のささみをゆでた汁をかけて与えたが、完食したのは1回だけで、再び食べなくなった。

 一方で、ジャーキーやビスケットなどのおやつはしっかり食べた。妻に相談すると「単なる偏食ではないか」と言う。栄養が偏るのでおやつだけというわけにもいかない。ドッグフードを全く食べない日が3~4日続くと、さすがに「餓死するのではないか」と心配になった。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです