メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・旅する・みつける

群馬北部 酒蔵ツーリズム 自然と文化、酒に凝縮 尾瀬のふもとの風土堪能 /東京

和服で出迎えてくれた大利根酒造の阿部倫典さん=群馬県沼田市で2020年10月2日、庄司哲也撮影

 「酒蔵ツーリズム」をご存じだろうか。酒蔵やワイナリーを巡り、蔵人らと触れ合い、酒が生まれた土地の文化や歴史など背景を学び、酒を堪能する旅のことだ。群馬県沼田市の市街地を囲むように回る道路(通称・利根沼田望郷ライン)沿いにある、酒類を製造する7社は2013年から「利根沼田酒蔵ツーリズム」を展開している。お気に入りの一本を探しに、尾瀬のふもとへと向かった。【庄司哲也】

 「その土地で守り続けられる酒造りがあり、風土にあった深い味わいがある。酒が生まれた土地の自然や文化、食などのすべてを堪能してもらいたい」。そう話すのは「利根沼田酒蔵ツーリズム協議会」代表の阿部倫典さんだ。

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです