メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パートナーシップ制度導入 伊賀市長、知事に要請 「誰にとっても住みよい地域に」 /三重

パートナーシップ制度の導入を鈴木英敬知事(右)に求める伊賀市の岡本栄市長=三重県庁で2020年10月19日、森田采花撮影

 伊賀市の岡本栄市長は19日、性的少数者(LGBTなど)への差別禁止や支援に関する条例制定を検討している鈴木英敬知事を訪問し、LGBTなどのカップルを婚姻と公認するパートナーシップ制度の導入を求めた。岡本市長は「多様性がある社会は誰にとっても住みやすい地域になる」と述べた。鈴木知事は「いろいろな意見はあるが(社会の)空気を変えていかなければならない」と応えた。

 同市は2016年に全国3自治体目として「市パートナーシップ宣誓制度」を始めた。岡本市長は全国に先駆けて導入したパートナーシップ制度について、制度開始までの経緯や思いを鈴木知事に伝えた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです