メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀市長選 討論会 旧庁舎利活用などテーマ /三重

コロナ禍で市民の傍聴がなく、放送でだけ見られた討論会=三重県伊賀市のハイトピア伊賀で、大西康裕撮影

 任期満了に伴う伊賀市長選(11月1日告示、8日投開票)を前に、立候補を予定している現職の岡本栄氏(69)▽元市議会副議長の森川徹氏(43)▽共産党市委員会副委員長の釜井敏行氏(38)による討論会が18日夜、ハイトピア伊賀(上野丸之内)であった。3氏は旧市役所庁舎などをテーマに論戦を繰り広げた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一般の傍聴はなく、伊賀上野ケーブルテレビが生放送した。【大西康裕】

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  2. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  3. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  4. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  5. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです