メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陽線事故 運輸安全委が現地調査 死亡2人は近所の親子 /山口

原因究明のためにデータを集める鉄道事故調査官ら

 18日に光市のJR山陽線で貨物列車にはねられて亡くなった2人について、光署は同日夜、近くに住む森千賀子さん(83)と千恵美さん(59)の親子だったと発表した。また運輸安全委員会はこの日、鉄道事故調査官を派遣し、事故原因の詳しい調査を始めた。

 署やJR西日本などによると、18日午後3時半ごろ、光市島田の山陽線踏切で、福岡貨物ターミナル発新潟貨物ターミナル行き貨物列車(22両)に、森さん親子がはねられて死亡した。

 運転士は、線路内に入る2人に気がつき、警笛を鳴らして急ブレーキを掛けたが、間に合わなかったという。現場は踏切の設置を知らせる表示はあるものの、警報機と遮断機は設置されていない。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  3. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

  4. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  5. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです