メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで中止の下関「先帝祭」 市内各所で上臈道中 市民対象に観覧者募集 来月から /山口

昨年の先帝祭

 下関市は、5月に開催する予定だった「先帝祭」の上臈(じょうろう)道中が新型コロナウイルスの感染拡大で中止となったことを受けて、11月から市内各所で「海峡上臈絵巻」と名付けて上臈道中を披露する。市民を対象に観覧者を募集している。

 先帝祭は、壇の浦の合戦で敗れ入水した安徳天皇や平家一門を追悼する行事で、高下駄(げた)を履いた太夫が足を八の字に踏み出す「外八文字」を披露しながら、沿道を練り歩く上臈道中が見どころとなっている。「しものせき海峡まつり」のメイン行事だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で祭り自体が中止となった。今回は…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです