四国4県景気判断、据え置き 日銀 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀支店長会議で小牧義弘高松支店長は、四国4県の景気を「新型コロナウイルス感染症の影響から、弱い動きが続いている」と報告し、7月の前回判断を据え置いた。

 項目別では、個人消費を「持ち直しの動きがみられている」と上方修正した。コンビニエンスストアの売上高が減少している一方、特別定額給付金や猛暑の影響…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集