新型コロナ 感染計100人 経路特定に課題 インフル同時流行も懸念 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの県内の感染者数が累計100人に達した。他の都道府県と比べて感染者数は多くないものの、大半の感染経路が分かっていないなど課題もある。浜田恵造知事は「マスクの着用など、新しい生活様式を改めて徹底してほしい」と県民に呼びかけている。

 県内で最初に感染が確認されたのは3月17日。4月には高松市立鬼無保育所で県内初のクラスターが発生し、保育士と園児計13人が感染。累計感染者数もほぼ倍増した。浜田知事は同月14日に県独自の緊急事態宣言を出し、危機感も高まった。その後、4月中旬から約2カ月半にわたり感染者が確認されない…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集