メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出産受け入れ、来年再開へ 取り扱い休止のさぬき市民病院、経産婦対象で「院内助産」 /香川

2021年1月にも出産の取り扱いを再開する予定のさぬき市民病院=香川県さぬき市で、西本紗保美撮影

 医師不足により2019年から出産の取り扱いを休止していたさぬき市民病院(同市寒川町、徳田道昭院長)が21年1月にも、出産の受け入れを再開することが同病院への取材で分かった。10月から常勤の産科医が着任し、助産師が主体となる「院内助産」の体制を整えており、出産リスクの低い経産婦のみ受け入れを始める。【西本紗保美】

 同病院はさぬき、東かがわ両市で唯一出産を取り扱う医療機関だったが、常勤の産科医2人が退職したため、19年8月から取り扱いを休止。その後は、妊娠中期までと産後の母子健診や育児指導などを同病院が担い、妊娠後期から出産までは香川大医学部付属病院(三木町)が受け入れる体制となっていた。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです