メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メインはイケメン飼育員!? 動物への温かな視線魅力 桂浜水族館、写真集を出版 /高知

写真集を手にする桂浜水族館の秋澤館長(中央)と飼育員ら=高知市浦戸の桂浜で

 “イケメン飼育員と動物”の日常をお届け――。桂浜水族館(高知市浦戸)の飼育員に焦点を当てた写真集「桂浜水族館へようこそ!」が9月、出版された。ページをめくると、カピバラやアシカと向き合う飼育員の姿が生き生きと浮かび上がってくる。なぜあえて飼育員の写真集を出したのだろうか。秋澤志名館長(48)に話を聞いた。【松原由佳】

 桂浜水族館はこれまでもSNSで積極的に飼育員ら同館スタッフの様子を発信してきた。ユニークな言動が話題を呼び、ツイッターのフォロワー数は19万以上を誇る。その様子に注目した出版社から声がかかり、ツイッター上でも写真集を期待する声があったことから、出版が実現した。写真はいずれも同館スタッフが撮影したもので、自然な表情が特徴的だ。生き物と向き合う温かな視線が切り取られている。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです