メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛装備移転、合意 日ベトナム、中国けん制 首脳会談

歓迎式典で子供たちに迎えられる菅義偉首相(手前右)。左はベトナムのフック首相=ハノイの国家主席府で2020年10月19日、ロイター

 ベトナムを訪問中の菅義偉首相は19日、グエン・スアン・フック首相とハノイの首相府で会談し、日本からの防衛装備品の移転を可能とする防衛装備品・技術移転協定を締結することで実質的に合意した。ベトナムは南シナ海で中国と領有権を争っており、両国が安全保障協力を深めることで海洋進出を強める中国をけん制する狙いもある。両首脳は、ビジネス関係者らの短期滞在の往来再開でも合意した。

 菅首相が対面で他国の首脳と会談するのは就任後初めて。菅首相は会談冒頭、「『自由で開かれたインド太平洋』というビジョンの下、東南アジア諸国連合(ASEAN)をはじめとするインド太平洋地域への積極的な関与を続けていく」と呼びかけ、フック首相は「日本は重要な戦略的パートナーだ」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです