メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上皇后さま86歳に コロナ下 外出控え、国民案じ

住まいの仙洞仮御所の庭を散策される上皇ご夫妻=東京都港区で2020年10月5日(宮内庁提供)

 上皇后美智子さまは20日、86歳の誕生日を迎えられた。3月末から上皇さまと暮らす仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区、旧高輪皇族邸)で、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して外出を極力控える生活を続けている。

 宮内庁によると、美智子さまには皇居から転居するまでの準備作業の疲れが今も残っている様子だという。今秋の健康診断で大きな問題は見つからなかったが、ほぼ毎日午後に熱が37度を超しては翌朝に下がる原因不明の症状が続き、心不全の診断指標となる数値も高いままだ。

 左手指にはこわばりがあり、2019年に受けた乳がん手術後のホルモン療法の影響とみられる。趣味のピアノの練習もできない。側近は「寂しいところもあると思うが、泰然自若としておられる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです