メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 英ワクチン接種、1月開始見通し 政府高官、議員らに

 英紙サンデータイムズは18日、来年1月に新型コロナウイルスのワクチン接種を開始できるとの見通しを、英政府次席医務官が下院議員らに伝えたと報じた。

 英オックスフォード大のチームが開発し、連携する英製薬大手アストラゼネカが大量供給を目指すワクチンは、世界各国で取り組まれているワクチン開発競争で先頭集団に位置しており、治験が進んでいる。

 同紙によると、英政府のバンタム次席医務官が先週開かれた下院議員向けのブリーフィングで「クリスマス直後のワクチン配備は非現実的ではない」と述べたという。また別の会合でバンタム氏のブリーフィングを受けた下院議員も、バンタム氏が「1月のワクチン接種スタートを期待している」と述べたと語った。

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです