プロ野球 「精密機械」巨人・岩隈引退 楽天黎明期を支え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 プロ野球・巨人は19日、日米通算170勝を挙げている岩隈久志投手(39)が今季限りで現役引退すると発表した。日本球界で最多勝に2度輝き、米大リーグ・マリナーズでは2015年に無安打無得点試合を達成したが、最近は不調が続いていた。23日に東京都内で記者会見を開く。

 東京・堀越高からドラフト5位で00年に近鉄に入団。190センチの長身から正確にコースに投げ分ける制球力は「精密機械」とも評された。04年に15勝を挙げて最多勝となり、球界再編で05年に楽天に移ると、08年には21勝で再び最多勝に輝き、パ・リーグ最優秀選手(MVP)、沢村賞も獲得した。

 12年にマリナーズに移籍し、3度の2桁勝利をマークした。17年9月に利き腕の右肩を手術し、再起を期して19年には巨人入り。8年ぶりの日本球界復帰を果たしたが、1軍での登板機会はないままだった。【角田直哉】

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1141文字)

あわせて読みたい

注目の特集