メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大学暴走に歯止めを」 全国で進む学長の権限強化 大分でシンポ

学長への権限集中の問題点について議論する大学教授やジャーナリストら=大分市で2020年10月18日、木下武撮影

 全国の大学で「ガバナンス改革」の名の下に進む学長の権限強化で学問の自由が脅かされているとして、大学運営のあり方を考えるシンポジウムが18日、大分市で開かれた。大分大学のガバナンスを考える市民の会主催。

 冒頭でジャーナリストの田中圭太郎さんが基調報告。大分大の経済学部長や医学部教授の選任を巡り、学長が教授会などの意向と別の人物を任命した問題について「学長の行き過ぎた権限行使と、それを正当化する執行…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです