メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

印鑑(写真はイメージ)=ゲッティ

 保護者のハンコを求めるのは極力やめ、学校と家庭の連絡手段はメールなどに変えていこう――。菅義偉内閣が全省庁を挙げてデジタル化を推進する中、文部科学省は20日、都道府県教育委員会などにこんな通知を出した。

 多くの学校は、懇談会への参加申し込みや子どものアレルギーの確認、進路調査などの保護者とのやり取りを文書で行っている。通知はこうした慣行について、「保護者に確認を得る目的の押印手続きがあるが故に、デジタル化できなかった現状もある」と指摘。その上で「押印をもって保護者が文書を作成したことを証明することには限界がある」として、内容によっては押印を必要としないメールなどの連絡手段に切り替えるよう促した。

 具体的な取り組みとして、欠席や遅刻の連絡のオンライン化や学校からの「お便り」のメール配信などを想定している。プリントの印刷や提出書類の集計、家庭との電話連絡などの業務を減らし、教員の「働き方改革」につなげる狙いもある。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです