袴田事件 再審請求審のクラウドファンディングに支援1800万円 訴訟費用で最高額

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で「事件の時に生まれていなかった若い方たちのご支援が多く、改めて巌のことに関心をもっていただいた」と感謝する袴田秀子さん(中央)=静岡県庁で2020年10月20日午前10時16分、古川幸奈撮影
記者会見で「事件の時に生まれていなかった若い方たちのご支援が多く、改めて巌のことに関心をもっていただいた」と感謝する袴田秀子さん(中央)=静岡県庁で2020年10月20日午前10時16分、古川幸奈撮影

 1966年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で起きた「袴田事件」で死刑が確定し、静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(84)=最高裁で特別抗告審中=の支援者らが20日、静岡県庁で記者会見し、裁判の費用を集めるために行っていたクラウドファンディング(CF)で1510人から1806万7000円が集まったと報告した。袴田さんの姉、秀子さん(87)は「(事件は)知らんでいれば知らんですむことだが、改めてご支援していただき、たいへんありがたい」と感謝し…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

あわせて読みたい

注目の特集