メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特権を問う

米軍機の合意違反に「#OHアラート」 SNSで監視する市民たち

米軍のオスプレイ不時着事故から1年が過ぎたことを機に開かれた集会で米軍への抗議の声を上げる参加者ら=沖縄県名護市で2017年12月、森園道子撮影

 事前の予告もなく訓練や移動で日本各地の上空を自由に飛ぶ米軍機。早朝・深夜もおかまいなしだ。日本政府ですら実態を把握できていない中、市民らがSNSで情報を共有して可視化しようという取り組みが沖縄で進められている。「自助」努力の取り組み「OHアラート」とは――。

「また深夜に…」情報共有、米軍の説明求める

 「宜野座(ぎのざ)村 住宅地真上で超低空旋回中。大型ヘリっぽい #OHアラート」「たぶんオスプレイ。普天間に帰還。窓ドンドン!って揺れて怖かった。22:43 #OHアラート」

 ツイッターで「#OHアラート」というハッシュタグ(検索目印)を付け、米軍機の飛行情報を発信する投稿。大半が全国の米軍専用施設の約7割が集中し、日常的に米軍機が飛び交う沖縄県内からのツイートだ。中には自ら撮影した動画を付けた投稿もある。

 取り組みは2018年2月に始まった。当時、沖縄では米軍機の事故やトラブルが相次いでいた。17年12月には宜野湾市の米軍普天間飛行場近くの保育園に米軍機の部品が落下しているのが発見され、その6日後に普天間飛行場に隣接する小学校の校庭に米軍機から窓が落ちた。18年1月には沖縄県内各地で米軍機の不時着が3回続き、県民の不信感は高まっていた。

 「OHアラート」というアカウントで米軍機の飛行情報の発信を呼び掛け始めた沖縄県内の男性は匿名を条件に取材に答えた。「事故後も当たり前のように米軍機が飛ぶのが悔…

この記事は有料記事です。

残り1582文字(全文2188文字)

竹内麻子

2013年入社。長崎支局、広島支局を経て、18年から東京・社会部。核問題や戦争の継承などの平和取材の他、ジェンダーにも関心を持って取材している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 「チームを引っ張るはずが、足を引っ張っていた」は過去の話 パナソニック主将・法兼 都市対抗

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「吹田の戦争遺跡をめぐる」発行記念 歴史学び、当事者性持って 執筆者・塚崎さん講師に学習会 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです