特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『フィッシュ・アンド・チップスの歴史』パニコス・パナイー/著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

歴史と伝統のある食でも値も格も上げないまま

◆『フィッシュ・アンド・チップスの歴史 英国の食と移民』パニコス・パナイー/著 栢木清吾/訳(創元社/税別2400円)

 「フィッシュ&チップス」という一品は、単純に、白身魚の切り身とじゃがいもを揚げたのの盛り合わせ、そう思っていた。けれど、魚には衣をまとわせていても、じゃがいもは素揚げだと、あらためて気付く。

 当初は、魚は魚、じゃがいもはじゃがいも、と、異なるルーツを持つ人によって、別々の場所で揚げられ売られていたメニューだったとこの本にはある。19世紀末に、そのふたつが組み合わされてはじめて、買ってすぐ食べられる手軽なお総菜として、ぐんと人気が高まった。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文916文字)

あわせて読みたい

注目の特集