メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしの居場所

守れ、ニホンライチョウ 絶滅からの復活願い 長野・日本アルプスへ

長野県の中央アルプス・駒ケ岳で餌を探して歩いているライチョウのひなたち

 中央アルプスの最高峰・駒ケ岳(標高2956メートル)へ通じる登山道。ハイマツなどの高山植物が茂り、岩がのぞく斜面をオレンジ色の上着をまとった4、5人が何かを囲みながら移動している。

 「そこを空けてください」。小林篤(33)が声を掛けてきた。止まって待っていると、茶褐色のニホンライチョウとひなが目の前を横切る。餌になるガンコウランなど高山植物の芽や種子のある所に向けて、鳥の歩みに合わせ、小林らがゆっくりと誘導していった。

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文1904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです