メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
ザッピング

受信料義務化、議論慎重に

 NHKと視聴者の関係を揺るがす議論が急浮上した。総務省が16日に開いた、NHKの在り方を議論する有識者会議で、重要な制度改正の検討要請が同会議にされたのだ。焦点は、(1)NHK受信料の支払い義務化(2)テレビを設置した場合のNHKへの届け出義務化(3)受信契約の未契約者の氏名や転居先住所を公益企業などに照会可能にする――だ。

 全て放送法改正が必要で(1)は総務省、(2)と(3)はNHKから要請があった。NHKが改革を求められる中、契約や収納にかかる営業経費(昨年度759億円)を削減するために出てきた。いずれも受信料徴収の強制性を高める内容で、16日の会合で委員の異論が続いた。そもそも、受信契約や支払いはテレビ所有者との合意形成が基本で、受信料制度を「合憲」とした17年の最高裁判決も「(契約は)双方の意思の合致が必要」…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです