メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
フォーカス

柿澤勇人 連続テレビ小説「エール」山藤太郎役 語るように飾らず歌う

俳優の柿沢勇人さん

連続テレビ小説「エール」山藤太郎役(NHK総合など=月~土曜午前8時など)

 連続テレビ小説「エール」はここ数週間、戦時下の日本を描いてきた。作曲家の古関裕而(こせきゆうじ)がモデルの主人公、古山裕一(窪田正孝)は軍の要請で「若鷲の歌」などの戦時歌謡を作曲。インパール作戦が展開中だったビルマ(現ミャンマー)を慰問のため訪れ、恩師の藤堂先生(森山直太朗)が銃弾に倒れる場面を目の当たりにしてしまう。

 今週は、自身の責任を痛感し作曲できなくなってしまった裕一が戦後、立ち直るまでの姿が描かれる。その再起の象徴として登場するのが、古関が作曲し藤山一郎が歌った「長崎の鐘」だ。23日放送の第95回で、藤山をモデルにした「山藤太郎」として、この名曲を歌う。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです