メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 外出自粛要請へ 新型コロナ
麺食い・列島味便り

大鰐温泉もやしラーメン 青森 伝統の野菜、シャキっと新鮮

食感がいいもやしを使った「元祖おおわに温泉もやしラーメン」=青森県大鰐町の「山崎食堂」で2020年10月7日、平家勇大撮影

 青森県大鰐町には、江戸時代に津軽藩御用達の湯治場だった大鰐温泉がある。この街の名物で、温泉熱と温泉水を使って栽培する伝統の冬野菜「大鰐温泉もやし」をこんもりと盛り付けたご当地ラーメンが「大鰐温泉もやしラーメン」だ。

 もやしは土耕栽培で育てられ、温泉熱で地温を高め、温泉水だけをかけて作る。食感の良さが特徴で、約30~40センチの大きさにまで成長する。350年以上前から栽培され、津軽藩3代藩主・津軽信義公が湯治に訪れた際に献上されたと伝えられている。そんな伝統もやしを使ったラーメンの元祖とされるのが同町のJR大鰐温泉駅前にある山崎食堂だ。

 赤のれんをくぐり、「元祖おおわに温泉もやしラーメン」(並)を注文した。スープはしょうゆ味。麺とともに細長いもやしを口に運ぶと、ほのかに土の香りがする。かんでみるとシャキシャキとしっかりとした歯触りがあり、独特のうまみも感じられた。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに533人の感染確認 重症者は5人減の54人

  2. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  3. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです