メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「没後70年 吉田博展」公式図録販売 /東京

[PR]

 <毎日新聞社からのお知らせ>

 全国巡回中の「没後70年 吉田博展」(毎日新聞社など主催)の公式図録を販売中です。

 明治から昭和にかけて、洋画や風景画の素養を持ちながら版画家として新たな境地を切り開いた吉田博(1876~1950年)。木版画業に取り組み始めたのは49歳の時でした。追い求めたのは、版画を使って水の流れや光のうつろいを驚くほど繊細に描くこと。制作にあたっては、浮世絵に連なる伝統的な木版技法をとりました。洋画家として培った写実性と、国内外でのスケッチで体感した彼自身の視線が際立ちます。

 約200点を紹介します。B5変型判。申し込みは図録販売サイト「まいにち書房」(https://www.mainichi.store/)で受け付けます。1冊2200円(税込み)。送料は別途必要です。詳しくは「まいにち書房」で検索してください。

    ◆

 巡回展は昨秋スタートしました。現在、福岡県立美術館(福岡市)で開催中です。その後、京都高島屋(京都市)などを巡回します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです