メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海BIZ

津市 「デ・カルネロ・カステ」 三重産食材、魅力たっぷり /愛知

看板商品のカステラを手にする平山美佐子店主=津市長岡町の「デ・カルネロ・カステ」で森田采花撮影

 濃厚な卵の風味とハチミツの優しい甘さが口いっぱいに広がるカステラ。津市長岡町の洋菓子店「デ・カルネロ・カステ」ではカステラが看板商品だ。県産の食材をふんだんに使い、三重県の魅力をPRしている。本店に立つ平山美佐子社長(53)は「三重は食材の宝庫。親しみやすいカステラを通じ、県内の良い食材に気づいてほしい」と話す。

 平山さんは大阪府松原市生まれ。23歳で結婚したのを機に津市に移り住んだ。だが、自宅周辺には喫茶店など地元の人が集まる憩いの場がなく、寂しさを感じた。「ないなら自分で作ろう」と料理の専門知識はなかったが、母の料理を手本に家庭料理が楽しめるカフェ「サンチェ」を始めたのがきっかけ。34歳の時だった。

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです