メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SNS中傷訴訟 県、元女子高生と和解 いじめ認める 地裁 /三重

和解成立後に記者会見する代理人弁護士=津市中央の三重弁護士会で、2020年10月20日午後1時3分、朝比奈由佳撮影

 同級生らからのいじめに学校が適切な対応を取らず、会員制交流サイト(SNS)でも中傷を受けて不登校になったとして県立高校の元女子生徒(20)が県に約180万円の損害賠償を求めた訴訟は20日、津地裁で和解が成立した。

 訴状によると、元生徒は高校1年生だった2015年10月から、無視されたり、悪口を言われたりして不登校になった。翌16年の2年生になって登校を再開したが、SNSで中傷を受け、再び不登校になった。学校の不適切な対応が、被害を拡大させたなどとしている。

 和解内容は、県が元生徒が15年に受けた被害について、「いじめに該当する事案があった」とし、16年に受けた被害はいじめ防止対策推進法が定める「重大事態」と認定して謝罪。元生徒は県への損害賠償を放棄する。津地裁が7月に和解勧告をしていた。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです