メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親鸞慶讃法要の概要を発表 生誕850年の23年 浄土真宗本願寺派 /京都

慶讃法要のロゴマークを披露する浄土真宗本願寺派の関係者=京都市下京区の西本願寺で、矢倉健次撮影

[PR]

 浄土真宗本願寺派は本山・西本願寺(京都市下京区)で、宗祖・親鸞の生誕850年となる2023年に予定している慶讃法要の概要を発表した。23年3月29日~5月21日に6日間ずつ5期に分け、西本願寺の御影(ごえい)堂などで営む。期間中の参拝者は約7万人を見込んでいる。

 スローガンとロゴマークも公表した。スローガンは同派の僧侶や門徒らの投票で選ばれた「ご縁を慶(よろこ)び、お念仏とともに」。ロゴマークは、ハスの花をイメージさせる意匠と親鸞生誕850年、主著「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」が著されて立教開宗とされる1224年から800年目となることを示すデザインで、パステルカラーが用いられた。8の部分は色分けされ「Shinran」の頭文字「S」が隠れているようにも見える。

 同派はスローガンやロゴを今後、ポスターや出版物などに使用し、普及を図る。同派の足利善彰総務は「ロゴマークは初めて見たが、明るくて良いデザインだと思う。スローガンとともに、お念仏が広まれば」と話した。【矢倉健次】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです