メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K原さんちの里山探検

/41 ミツバアケビ 林縁のぜいたくフルーツ /鳥取

桐原家の庭で初めて実ったミツバアケビの実=桐原真希さん撮影

 2005年の秋、息子を連れて隣の地区の田んぼを歩いていました。すると林縁には、赤紫色に染まった「ミツバアケビ」の実がいくつもぶら下がっていたのです。

 地面には、すでに何者かが味わった痕跡が残っていました。カラスやヒヨドリがつついたか、イノシシやアナグマがむさぼったか、中身がなくなったミツバアケビの殻だけがそこかしこに転がっています。運良くまだ熟して間もない卵型の果実が残っていたので、「里の恵のおすそ分け」と、いくつかお土産に持ち帰ることに。

 冷蔵庫で少し冷やしてから味わった果肉の食感とほのかな甘さは、保存がきかない超季節限定の贅沢(ぜいたく)里地デザートです。気にならなければ小さな黒い種も一緒にかまずに食べることもありますが、誤嚥(ごえん)の心配がある方は無理をしないように気をつけましょう。

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです