特集

四国銀行|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会に出場する四国銀行の紹介です。

特集一覧

躍動・都市対抗

四国銀行 軌跡/上 「勝つ為に」意識改革 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年の日本選手権2次予選でJR四国に大敗し、うつむく四国銀行の選手たち=高知市大原町の同市営球場で、北村栞撮影
2019年の日本選手権2次予選でJR四国に大敗し、うつむく四国銀行の選手たち=高知市大原町の同市営球場で、北村栞撮影

 四国銀行の選手たちはぼうぜんと立ち尽くした。2019年9月15日、高知市営球場(同市大原町)。2勝先取方式で行われた日本選手権2次予選で、前日のコールド負けに続きJR四国(高松市)に7点差をつけられ完敗した。この年の6月の都市対抗野球2次予選では準決勝で松山フェニックス(松山市)に敗れ、代表決定戦に進むことさえできなかった。戦績を見れば、まさにどん底だった。

 18年の日本選手権2次予選でもJR四国に連敗を喫しているが、いずれも1点差でそのうち1戦は延長の末の接戦だった。両チームに大きなメンバー変更はないにもかかわらず1年で大きな差がついていた。「高い能力を持っているのにどうして試合で発揮できないのか」。試合を見ていた四国銀行OBたちは首をかしげていた。はたから見れば力を出し切れていない不完全燃焼の試合にしか見えなかったからだ。小林健輔選手(31)は振…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1060文字)

あわせて読みたい