メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 生まれ変わって見守る目 宮城・丸森

[PR]

 2019年の台風19号で大きな被害が出た宮城県丸森町の山あいに、当時の災害廃棄物をリサイクルして作ったネコ形のピザ窯が現れた。

 「台風の豪雨災害を忘れないために」と地元のNPO法人「あぶくまの里山を守る会」(大槻博理事長)が制作。土石流で流れてきた岩を土台に、災害廃棄物の陶器や瓶のかけらでネコの目やひげをカラフルに描いて窯を彩り、8月に完成した。

 同町では養蚕が盛んだった頃、ネコは蚕を食べるネズミを退治してくれる「ネコ神」としてあがめられたとされ、今も町内各所に石碑が残っている。

 同会は窯を「ねこ窯様」と名付けて「ピザ作りや農業体験を楽しみながら町の歴史や里山の再生について学んでほしい」と期待している。【写真・文 和田大典】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです