メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段ー三浦弘行九段 第11局の3

ヤマ場を迎える

 図の[後]2六歩に[先]2八竜では元気が出ない。[後]2五飛[先]3八銀に[後]7四歩~[後]7五歩の桂頭攻めを狙われる。

 広瀬はノータイムで[先]3六竜と歩越しにのぞいて敵陣に利かした。駒損の広瀬にとっては竜の働きこそ命。据わりの悪い位置ではあるが、直前の熟考で腹を固めていたようだ。

 三浦が長考に沈み、そのまま夕食休憩の時刻を迎えた。一見して大駒3枚を有する三浦の側に選択肢は多い。角の打ち場所だけでも2七、1四、5四があり、その比較検討には時間を要する。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです