メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨 温暖化で確率3.3倍 気象研など、スパコンで分析

 甚大な被害が出た2018年の西日本豪雨で瀬戸内地方に降った大雨は、地球温暖化によって発生しやすさが約3・3倍になっていた可能性があるとの分析結果を、気象庁気象研究所などの研究チームが20日発表した。17年の九州北部豪雨の場合は約1・5倍と推計された。

 チームは海面水温の観測データなどを使い、温暖化が進む現在の地球と、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの濃度が1850年から増加しないなど温暖化していないと仮定した地球での雨の降り方を、スーパーコンピューターで再現した。

 統計上50年に1度しか観測されないレベルの降水量を「基準値」とし、温暖化している場合としていない場合で発生頻度を比較。西日本豪雨で観測されたような降水量(3日間で計約229ミリ)を基準値にすると、温暖化していない場合は68年に1度程度しか発生しなかったが、温暖化が進む現状では約21年に1度と推定され、発生しやすさが3・3倍になったと推計された。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです