17路線の終電を最大37分繰り上げへ JR東日本、21年春のダイヤ改正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 
 

 JR東日本は21日、来春から山手線や京浜東北線など首都圏の在来線17路線で終電を最大37分程度繰り上げると発表した。JR東が大規模な終電繰り上げに踏み切るのは、1987年のJR東発足以来初めて。中央線(各駅停車)や総武線(同)など5路線では始発の繰り下げも実施する。詳細なダイヤは12月に発表する予定。

 終電繰り上げは東京駅の100キロ圏内が対象で、東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城、山梨の8都県に及ぶ。影響人員は利用者全体では1%に満たないが、1日平均約2万人と見込まれる。

この記事は有料記事です。

残り1426文字(全文1670文字)

あわせて読みたい

注目の特集