ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
発見されたネコ科動物の地上絵=9日、ペルー・ナスカ(ペルー文化省提供・AP=共同)
発見されたネコ科動物の地上絵=9日、ペルー・ナスカ(ペルー文化省提供・AP=共同)

 南米ペルーの文化省は20日までに、世界遺産「ナスカの地上絵」の近くの丘で、新たにネコ科の動物の地上絵が発見されたと発表した。地元メディアが報じた。

 幅約30~40センチの線で描かれており、絵の全長は約37メートル。ナスカ文化より前の紀元前200年ごろのパラカス文化後期のものとみられる。ネコはこの時…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

あわせて読みたい

注目の特集